ゴールド or シルバー、似合う色はどっち?~魅力を引き出すジュエリー選び〜

ジュエリーを選ぶ時、ゴールドとシルバーで迷った経験はありませんか?あなたに似合う色はどちらなのかチェックしてみましょう。


似合う色を決める要素

洋服のイメージ画像
その人の魅力を引き立ててくれる似合う色を「パーソナルカラー」と言います。肌や瞳の色などに基づいて決まり、これらの色や質感の系統は「イエローベース」と「ブルーベース」に分類されます。イエローベースの人は肌や瞳の色が黄色味がかった色、ブルーベースの人は青みがかった色で構成されます。これはアメリカのデザイナーであるロバート・ドアが提唱した「自然界に存在する色は全てイエローベースとブルーベースの2グループに分けられる」という色彩調和法が始まりとなったと言われています。

 

似合うカラーの特徴

手のイメージ画像
イエローベースとブルーベースは、更にそれぞれ2つのタイプに分けることが出来ます。ここでは各タイプの特徴をご紹介します。

■こちらからご自身のカラータイプを診断して読み進めるのがおすすめです。
パーソナルカラー診断|FEATURE.FELISSIMO

 

- イエローベース

黄色のイメージ画像
「スプリングタイプ」と「オータムタイプ」の2種類に分類されます。どちらも黄色をベースにしたカラーが似合いますが、印象や雰囲気は正反対です。


《スプリングタイプ》
バラのイメージ画像
ビタミンカラーのような明るくくすみの無い鮮やかな色が似合います。快活な印象を持たれるタイプです。白ならアイボリー、ピンクならピーチピンクが似合います。

 


《オータムタイプ》
バラのイメージ画像
ヴィンテージカラーのような落ち着いたディープな色が似合います。大人っぽいシックな印象を持たれるタイプです。白ならバニラホワイト、ピンクでならサーモンピンクが似合います。

- ブルーベース

青のイメージ画像
「サマータイプ」と「ウィンタータイプ」の2種類に分類されます。この2つのタイプは似合う「色の強さ」に最も大きな違いがあります。

《サマータイプ》

バラのイメージ画像
パステルカラーのような明るいけれど少しくすんだソフトな色が似合います。柔和な印象を持たれるタイプです。白ならオフホワイト、ピンクならモーヴピンクが似合います。


《ウィンタータイプ》
バラのイメージ画像
ビビットカラーのような鮮やかではっきりとした色が似合います。シャープな華やかさのあるタイプです。白ならピュアホワイト、ピンクならローズピンクが似合います。

 

似合うのはゴールドorシルバー?

ここからはタイプ別にゴールドとシルバーどちらの方が似合うのかご紹介します。似合うモチーフなどもご紹介しますので参考にしてみて下さいね。

- スプリングタイプ

ブレスレットのイメージ画像
指輪のイメージ画像
ゴールドカラーが似合います。着けるとキラキラ輝くような可愛らしい華やかさがあるものがぴったり。リボンや花などの可愛らしいモチーフで大きすぎないものを選ぶと、スプリングタイプの軽やかな印象を生かせます。宝石が付く場合は、色鮮やかなものを小さめで取り入れるのがおすすめ。ゴールドの他にピンクゴールドも似合います。


《SoëLのおすすめジュエリー》
SA110
SoëL Adjusterリーフシリーズ【ミモザ】

細やかに形づくられたミモザの花が印象的なネックレス。ベビーパールが女性らしい雰囲気を引き立ててくれます。

 

SA150

SoëL Adjusterリーフシリーズ【スズラン】

シェルでできたスズランと淡水パールの組み合わせが上品なネックレス。フォーマルシーンでも身に着けられる優秀ネックレスです。

 

FR130
SoëL Frontyダイヤモンド【ハート】

ライン上にダイヤモンドを留めたプチネックレス。どんなシーンでも身に着けられる肌馴染みの良いサイズ感が魅力です。

- サマータイプ

シルバーシングのイメージ画像
パールブレスレットのイメージ画像
シルバーカラーが似合います。キラキラしすぎるものよりもワントーン落ち着いた光沢感のあるものが馴染みます。ごちゃごちゃしたものよりはシンプルを、どっしりしたものよりは軽さと上品さが感じられるものを選ぶと、サマータイプの清楚な雰囲気が引き立ちます。宝石が付く場合は輝きが強すぎないパールや、透明度が高い淡色のものがおすすめです。

《SoëLのおすすめジュエリー》
SAブルースター
SoëL Adjusterリーフシリーズ【ブルースター】

ブルースターの花を宝石で表現したネックレス。シルバーでできたお花モチーフがデザインのアクセントです。

 

SoëL Platinum
SoëL Platinum シンプルリング

シンプルだからこそ手元を美しく見せられるプラチナリング。太さは2種類、表面の仕上げは3種類からお選びいただけます。

 

SA100
SoëL Adjuster【ケシパール】

パール一つひとつの個性を楽しめるステーションネックレス。真珠特有のふんわりとした輝きが、お顔周りを華やかに見せてくれます。

 

- オータムタイプ

イヤリングのイメージ画像
ゴールドリングのイメージ画像
ゴールドカラーが似合います。マットな質感が良く馴染み、いぶしたような渋さのあるアンティーク風のものも着けこなせます。特定のモチーフよりも、幾何学模様やレースのような抽象的でクラシカルなデザインが得意です。ボリュームがあるものを選ぶと、オータムタイプ特有の重厚感とバランスが取れます。宝石が付く場合は、鮮やかすぎない深みのあるカラーのものを大ぶりジュエリーとして取り入れると良いでしょう。

《SoëLのおすすめジュエリー》
SA140
SoëL Adjusterリーフシリーズ【金木犀】

こっくりとしたオレンジ色のシトリンが目を惹くネックレス。裏面も美しく見えるよう、宝石の留め方にもこだわり抜いた一品です。

 

SA120
SoëL Adjusterリーフシリーズ【アカンサス】

アカンサスを模様に落とし込んだアンティークな雰囲気のコインネックレス。アメジストが上品な印象を演出してくれます。

 

SA180
SoëL Adjuster fit.シリーズ【スクリューチェーン】

存在感のあるスクリューチェーンを使用したチェーンネックレス。重ね付けにも活躍してくれる、1つあると便利なアイテムです。

 

- ウィンタータイプ

イヤリングのイメージ画像
指輪のイメージ画像
シルバーカラーが似合います。しっかりと輝くツヤ感のあるものが得意で、ボリュームがあるゴージャスなものを選ぶとバランスが良く見えます。ウィンタータイプが持つ華やかさに負けない輝きを持つジュエリーを取り入れましょう。重い印象のジュエリーが苦手な方は、ジュエリーを重ね付けして存在感を出しましょう。宝石が付く場合は、よく輝く存在感のある宝石大きめで取り入れるのがおすすめです。

《SoëLのおすすめジュエリー》
FR180
SoëL Frontyダイヤモンド【一粒ダイヤ】

ダイヤモンドの美しさを贅沢に楽しめるネックレス。派手になりすぎない品のあるサイズ感ながらも、確かな輝きを楽しめます。

sa160
SoëL Adjusterドロップシリーズ【アメジスト】

コーディネートのアクセントにぴったりなカラーが揃った天然石ネックレス。職人が一つ一つ手削りで仕上げるこだわりの詰まった一品です。


SoëL Platinum
SoëL Platinum ダイヤモンドハーフエタニティリング

手元に華やかさを添えるハーフエタニティリング。ダイヤモンド×プラチナの正統派の美しさを味わえる上質な輝きのプラチナリングです。

 

苦手なカラーを着けたい時は

似合う色じゃなくても自分の好きな色のジュエリーが着けたいこともありますよね。そんな時は以下を参考にコーディネートしてみて下さい。

- 顔周りから離して着ける

ブレスレットのイメージ画像
顔周りに苦手な色を持ってきてしまうと、それが全体の印象になってしまいます。苦手な色は指輪やブレスレットなどの顔から離れた位置に着けるジュエリーで取り入れましょう。

 

- 似合う色とミックスする

指輪のイメージ画像
得意な色とミックスすると馴染みやすくなります。最初は得意な色の比率を多めに、慣れたら徐々に減らしていくと良いでしょう。複数の色が入ると散らかって見える場合は、ツヤ、マットなどジュエリーの質感を揃えるとまとまりが生まれます。

 

まとめ

この記事を参考に、自分をより素敵に見せてくれるジュエリーを見つけてみましょう!最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

この記事を書いた人

プロフィール画像

Miyasaka

SoëL / スタッフ

新卒でジュエリー業界に入って3年目の、新米と言えなくなってきた社会人。自分自身も勉強になるような記事を目標に情報をお届けします。音楽と美術館巡りと辛い食べ物が好きです。

コメントを残す