ジュエリーとは?~アクセサリーとの決定的な違い~

ネックレスや指輪などを指す言葉としてよく聞く「ジュエリー」という言葉。似た言葉として「アクセサリー」という言葉も頭に浮かびますよね。でもこの2つの言葉、使い分けられますか?同じような見た目のアイテムでも、ブランドやショップサイトによってジュエリーと記載されていたりアクセサリーと記載されていたり…。これらの違いはどこにあるのでしょうか。実はジュエリーとアクセサリーには、明確な違いがあったんです!今回は、混同しやすい「ジュエリー」と「アクセサリー」の違いをご紹介します。ちょっと気になる小さな疑問を解消しましょう!

ジュエリーとアクセサリーの違い

- アクセサリーとは?

アクセサリーのイメージ画像

アクセサリーは、身に着けて着飾るための装身具全般を指します。

金属でできたネックレスや指輪などを思い浮かべがちですが、アクセサリーは身に付ける位置や大きさに制限がありません。そのため、例えば腕時計帽子ベルトなどもアクセサリーにカウントされるのです。アクセサリーは私達が思っているよりも広い意味を持つ言葉なんですね。

また、アクセサリーには使用される素材に制限がありません。ビーズのネックレスも革のブレスレットも全てアクセサリーに含まれます。

 

- ジュエリーとは?

ジュエリーのイメージ画像

アクセサリーが装身具全般のことを指すのに対して、ジュエリーはもう少し狭い範囲の意味を表す言葉です。日本ジュエリー協会では、「ジュエリーとは、装身具のうち、素材に貴金属、天然宝石を用いた宝飾品である」とジュエリーを定義しています。

つまり、ジュエリーには「貴金属(ききんぞく)」と呼ばれる金属と「天然宝石」しか使われないということです。

使用される素材に制限があるかどうかが、ジュエリーとアクセサリーの決定的な違いであると言えます。ジュエリーに使われる素材について、もう少し詳しく見てみましょう。

 

ジュエリーだけに使われる特別な2つの素材

- 貴金属

貴金属のイメージ画像

ジュエリーに使われる「貴金属」とは、一体どんなものなのでしょうか。

金属には非常に多くの種類がありますが、貴金属と呼ばれるものはその中のたった8種類しかありません。代表的な金・銀・プラチナの3種類の他に、パラジウム・ロジウム・ルテニウム・オスミウム・イリジウムの5種類を加えた全8種類が、日本ジュエリー協会によって貴金属と定められています。

金・銀・プラチナのいずれかを主材料としてジュエリーが作られることが多いです。他の5種類の貴金属は、ジュエリーの強度を上げるために主材料となる金属に混ぜ合わせて使われることが多いです。

8種類の貴金属には、希少性が高い加工しやすい耐久性が高いという共通する特徴を持っています。耐久性が高いのは、ジュエリーが使い捨てではなく、長く使い続けることを前提としているからなんですね。

ここで1つ注意が必要なのが、貴金属の含有量です。それぞれの貴金属には、日本工業規格(JIS)によって最低含有量が定められています。ジュエリーに含まれる貴金属の量がこの基準を下回ってしまうと、たとえ貴金属が使用されていたとしても、ジュエリーと認められなくなってしまう場合があるのです。例えば金の場合、最低含有量は37.5%とされています。そのジュエリーに金が37.5%含まれていれば金製のジュエリーと認められますが、これを下回ってしまうとそのジュエリーはジュエリーとは呼べず、アクセサリーという扱いになってしまうのです。

そのネックレスや指輪がジュエリーなのかアクセサリーなのかは、使用されている金属の種類だけでなくその含有量にも注目して判断するのがベストです。含有量はジュエリー本体に刻印で記されているので、ルーペなどを使ってチェックしてみましょう。

 

- 天然宝石

宝石のイメージ画像

宝石はその作られ方によって大きく2つの種類に分けることが出来ます。自然環境の中で自然発生的に出来上がる「天然宝石」と、人の手によって作られる「人工宝石」です。

この2種類のうち、ジュエリーに使われるのは天然宝石のみです。

安定した品質を保ったままで量産ができる人工宝石に対して、環境によって質に変化が出やすく出来上がるまでに長い時間がかかる天然宝石は、希少性が高くなります。

ジュエリーに使用される天然宝石の中で代表的なのが、四大宝石と呼ばれる4種類の宝石です。ダイヤモンド・ルビー・サファイア・エメラルドを指して、四大宝石と呼ばれています。近年ではこれらよりもリーズナブルでカジュアルに使える宝石も人気があります。

ジュエリーには必ずしも天然宝石が使われている訳ではなく、マリッジリングなどのように貴金属だけでできた宝石の付いていないジュエリーも存在します。貴金属だけでできたジュエリーを見て、「宝石が付いていないからジュエリーではない!」と判断しないように注意しましょう。

 

まとめ

ジュエリーのイメージ画像

何気なく使っていた「ジュエリー」と「アクセサリー」という言葉。その違いをお判りいただけたのではないでしょうか。これからはそれぞれの意味を理解して、しっかり使い分けてみましょう。

最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

この記事を書いた人

プロフィール画像

Miyasaka

SoëL / スタッフ

新卒でジュエリー業界に入って3年目の、新米と言えなくなってきた社会人。自分自身も勉強になるような記事を目標に情報をお届けします。音楽と美術館巡りと辛い食べ物が好きです。

コメントを残す