一生ものジュエリーの失敗しない選び方

何十年先まで身に着けるお守りのような存在の一生ものジュエリー。今回はそんな一生ものジュエリー選びで失敗しないためのポイントをご紹介します。 


一生ものジュエリーの外せない5つの条件

一生ものジュエリーを選ぶ時、ここだけは見逃して欲しくない!というチェックポイントがあります。検討中のジュエリーがある場合はこれに当てはまるか確認してみましょう。

- 貴金属を使っている

ゴールドネックレスのイメージ画像一生ものジュエリーの素材は貴金属から選ぶようにしましょう。貴金属と呼ばれる金属は全部で8種、その中でジュエリーの主な素材として使用されることが多いのはプラチナの3種です。
貴金属製が良いとされる理由は耐久性が高いという特徴があるため。長く使う一生ものジュエリーの素材には、簡単にダメにならない貴金属が推奨されているのです。

■ 貴金属についてはこちらで詳しくご紹介しています。
ジュエリーとは?~アクセサリーとの決定的な違い~

 

- 年をとっても無理なく着けられる 

手のイメージ画像
同じジュエリーでも着ける人が変われば印象も変わるもの。これは今の自分と年をとった時の自分でも同じことが言えます。
若々しすぎるデザインを選ぶと年齢を重ねた時に着けづらくなってしまうことも…。また華奢すぎるデザイン物足りなく感じられることもあるんです。未来の自分の姿も想像しながら選ぶのが大切です。

 

- トレンドに偏り過ぎていない

雑誌のイメージ画像
時間の経過とともにトレンドは変化していきます。購入時のトレンドにぴったりはまったジュエリーを選んでしまうと、早ければ数年後には古臭く感じてしまうかもしれません。一生ものジュエリーはシンプルを基本に選んでみましょう。現在まで長く人気のデザインを参考にするのも良いでしょう。

 

- 十分な耐久性がある

指輪のイメージ画像
長く使う一生もののジュエリーは耐久性がとても重要。ここで注目なのは素材とデザインです。素材は先にご紹介したように貴金属の中から選ぶようにしましょう。デザインは過度な装飾や凹凸が無いシンプルなものがベスト。普段使いしていても傷みにくいデザインを選ぶことが必要です。

宝石が付く場合は宝石の耐久性にも注目。宝石の耐久性は硬度を中心に考えられることが多く、10段階で硬さを表すモース硬度が使われます。
例えばダイヤモンドはモース硬度10ですが、真珠はモース硬度3です。同じ宝石でも一方は地球上最高の硬さを誇り、一方は硬貨でも傷付けられる程の硬さしかないのです。
美しい状態で長く身に着けられるよう耐久性には気を配りましょう。

 

- 修理やメンテナンスが出来る

修理のイメージ画像高品質のジュエリーを選んでも修理やメンテナンスが必要になる場合があります。指輪のサイズ直し、宝石の留めが緩んでしまう、ネックレスのチェーン切れなどがよくある例です。しかしデザインや構造によってはそもそも修理が出来ない場合もあるのです。

例えば指輪の全周に宝石が留まるフルエタニティリングは、構造上サイズ直しが出来ない場合があります。
購入時には修理や加工ができるかについては確認しておきましょう。併せてその購入場所で修理が可能であるかも聞いておくと安心です。

 

一生ものジュエリーにまつわる3つの「どうする?」

一生ものジュエリー選びには多くの方が「どうしよう?」と悩んでしまいがちなポイントがあります。そんなよくある疑問をご紹介します。

- ブランドはどうする?

ジュエリーショップのイメージ画像
どのブランドでジュエリーを買うかは誰しもが悩むポイント。憧れの有名ブランド、デザインが好みのノーブランド、個性的なデザイナーズブランドなど…。
どこで購入しても問題ありませんが、自分がこだわりたいポイントに合ったジュエリーブランドを選ぶようにしましょう。デザイン、使いやすさ、素材の品質など、自分が譲れないと思うポイントを考えてブランドを選びましょう。

 

- アイテムはどうする?

ジュエリーのイメージ画像
どんな一生ものジュエリーを探しているのかによって、おすすめのアイテムは異なります。
自然と目に入りやすく着けている実感が湧きやすい指輪、傷などの心配が少なく肌身離さず身に着けやすいネックレス、サイズが変わる心配が無いピアスやイヤリングなど、魅力的なポイントは様々。着けているところを思い浮かべて選んでみましょう。

 

- 価格はどうする?

貯金箱のイメージ画像
相場は年代によっても変化しますが3~60万程度が目安でしょう。とは言えこれはあくまでも目安ですので、お好きなものを選びましょう。
ただし気に入ったジュエリーがあるのに値段を理由に別のジュエリーを選ぶのはオススメしません。価格が高いのはそれだけ時間と手間をかけて丁寧に作られているという証拠。これは長期的に見た時、修理などが必要になりにくいと言えます。

 

SoëLのおすすめジュエリー

SoëLでも一生ものジュエリーとして長く愛して頂けるようなアイテムをご用意しております。

- SoëL Platinum ダイヤモンドハーフエタニティリング

SoëL Platinum
SoëL Platinum
SoëL Platinum  ダイヤモンド ハーフエタニティ リング


ライン上にダイヤモンドを敷き詰めたハーフエタニティリング。セット使い可能なピアスもご用意しております。
SoëL Platinumは通常のプラチナの3倍の硬度。安心して普段使いできる、一生ものジュエリーにぴったりの耐久性です。プラチナジュエリーは傷や変形が心配で避けてきたという方にこそオススメの一品です。

 

- SoëL Fronty 一粒ダイヤモンドネックレス

FR180
fr180
SoëL Fronty ダイヤモンド ネックレス 一粒ダイヤ0.3ctUP


ダイヤモンドネックレスは一生ものジュエリーの定番。0.3ctのダイヤモンドをあしらい、華やかかつ上品に仕上げました。
留め具がデザイン部分に組み込まれており、胸の前で着脱が可能。ずっとストレスフリーにお使いいただけます。美しさと使いやすさを両立したネックレスは年月が経っても自然と手が伸びる、そんなジュエリーになってくれます。

 

まとめ

この記事を参考に長くあなたに寄り添ってくれる一生ものジュエリーを探してみて下さいね。最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

この記事を書いた人

プロフィール画像

Miyasaka

SoëL / スタッフ

新卒でジュエリー業界に入って3年目の、新米と言えなくなってきた社会人。自分自身も勉強になるような記事を目標に情報をお届けします。音楽と美術館巡りと辛い食べ物が好きです。

コメントを残す